activity report

2020.12.07

12月1日 倉吉RC

何よりも先ず、今春以来の新型コロナウイルス感染症の流行への不安が続く中でご来倉くださっただけでなく、日程変更等に種々ご配慮くださいました菊池捷男ガバナーと随行の福嶋裕美子地区米山記念奨学委員会委員長に倉吉ロータリークラブとして甚深の謝意を表します。ガバナー公式訪問例会と会長幹事懇談会は、本来は8月4日に予定されておりましたが、私たちのクラブが例会開催の可否の判断基準としております「鳥取県版新型コロナ警報」が当日県内全域に発令中であったために、やむなく例会の延期と懇談会のオンライン会議方式による開催への変更を急遽お願いいたしました。
 その結果、8月4日には不馴れなオンライン方式に幾分戸惑いつつも懇談会を行わせていただくことができ、また延期されていた公式訪問例会は、改めて日程調整の上で12月1日に本クラブの会員総数53名中41名と事務局員1名の合計42名の出席のもとで無事に実施することができました。

その中でも、菊池ガバナーが卓話において「ロータリーの変化と進化」として、ロータリー設立の精神を尊重し守りつつ時代の変化に適応しながら柔軟に確実に進化していくことの大切さを具体的にご教示くださいました内容は、ロータリーだけでなくすべての組織や団体にとりましても、自らが時と共にやせ細り弱体化してしまうのでなくさらに発展し続けていくためには決して忘れてはならない視点であり、特に強く心に残りました。

(会長 若原 道昭)