activity report

2020.11.25

10月5日 倉敷東RC

10月5日(月)倉敷アイビースクエアーに国際ロータリー2690地区菊池捷男ガバナー様と随行の中川洋子地区幹事様をお迎えし、公式訪問例会を開催しました。
午前中の会長幹事懇談会では、まず会長から本クラブ概況、本年度の活動方針、コロナ禍の中での奉仕活動や、親睦活動の状況を説明させていただきました。地区補助金を活用した社会奉仕活動にとして先日行った「子供ソーシャルワークセンターつばさ支援と地域交流プロジエクト」に関しては、本当に必要としている所への支援であること、毎年地区補助金を活用した活動を行っていることに評価をいただきました。

例会では、RIテーマ「ロータリーは機会の扉を開く」地区スローガン「こころの扉を開こう」について分かりやすく説明をしていただきました。また、奉仕プロジェクトも例会も楽しむための一番の方法は皆集まること「Together」が大事と言われていました。私たちも多様性を受け入れ、コロナ禍の中ですが、十分コロナ対応をし、できる活動をしていきたいと思いました。
最後に来年の台湾での国際大会の紹介がありました。当クラブも台湾に姉妹クラブ(雙和ロータリークラブ)があり、毎年の青少年交換留学、周年行事での交流を行っています。コロナが収まっていれば、ぜひ大勢で国際大会に参加したいと思いました。