activity report

2020.10.26

10月21日 岡山旭川RC

令和2年10月21日(水曜日)アークホテル岡山にて地区ガバナー菊池捷男様、ガバナー随行幹事高井研一様をお迎えしてガバナー公式訪問を開催いたしました。

11:00から会長・幹事懇談会を開催し、当クラブの特徴と活動報告ならびに会員増強についてご説明させていただきました。菊池ガバナーからは、青少年奉仕活動を積極的に実施している点、会員自らが奉仕活動に積極的に参加している点など評価いただきました。
その後、質疑応答、地区への要望などについて意見交換をさせていただきました。当クラブからは、コロナ禍における、例会のあり方、親睦活動など他クラブで工夫されていることなどについてお伺いし、また菊池ガバナーからは、青少年奉仕活動について細かくご質問をいただきました。小さいクラブながら、その特徴を生かしたクラブ運営、奉仕活動など興味をお持ちいただき、活発な意見交換ができたのではないかと思います。会員増強については、この3年で8名の増員が図られていること、個性的な専門業種が多いクラブならではの委員会活動など高く評価いただき、今後さらなる発展のためは、会員増強を続けていくこと、クラブとしての変化・多様性がポイントになる点などご教示いただき、会長・幹事懇談会を終えました。

12:30からのガバナー公式訪問例会は、菊池ガバナーより国際協議会でのご様子を詳しくお話しいただき会議では、協議会だけでなく分科会や文化交流会などが活発におこなわれているお話など拝聴しました。そして、ロータリークラブの将来を考えるうえでクラブ改革が必要であり、進化のためには変化と多様性が必要であるとのお話をいただきました。我々のロータリーの活動にとって最も必要なことは「Together」であり、楽しむためには奉仕活動や例会で集まることが大切であるとご教授いただきました。そして、寛容と多様性こそが現在の世界の価値観であり、キーポイントになっているとのお話をいただきお話を終わられました。懇談会・例会にて菊池ガバナーからいただいたお言葉、ご助言を参考にして今後のクラブ運営に活かしていきたいと思います。

(幹事 中川雄三)