activity report

2020.09.18

9月15日松江しんじ湖RC

ガバナー公式訪問報告(松江しんじ湖 RC)
RI 第 2690 地区 2020-21 年度菊池捷男ガバナーと森本浩平随行幹事をお迎えして、9 月
15 日(火)「夕景湖畔すいてんかく」にて、ガバナー公式訪問例会が開催されました。
例会に先立ち会長幹事懇談会が開かれ、当クラブから秋鹿誠副会長、幡宏明会長エレクト
と幹事の中田昭彦が出席しました。
冒頭秋鹿副会長より、クラブ運営方針の説明があり、幹事からクラブ概況を報告しまし
た。菊池ガバナーから他のロータリークラブの状況、そして RI 会長ホルガー・クナーク
氏の会長メッセージ「ロータリーは機会の扉を開く」の説明がありました。それから、菊
池ガバナーから多くの教えを頂戴し、ロータリアンとしての自覚を新たにいたしました。

例会でのガバナーのお話では、RI 会長のテーマと方針および地区の方針について説明し
ていただき、RI 会長ホルガー・クナーク氏の会長メッセージ「ロータリーは機会の扉を開
く」ロゴにある3つの扉には、1.ロータリー 2.ロータリーの歯車 3.ローターア
クトの意味があるとご教示頂きました。また RI 会長の言葉「together」には、ロータリー
を楽しむことの一番の方法は、集まり(例会に出席し)、胸襟を開いて話し合い(こころ
の扉を開き)、ロータリーの思いは一人一人違うという多様性を認め、相手を理解するこ
とが、寛容の心を育て自らの高潔性を高めることになると教えて頂きました。
その後森本随行幹事より 10 月 18 日開催の地区大会についてご案内をしていただき例会
を終了いたしました。
公式訪問で承りました多くのご助言を学びとし、クラブの運営に生かしたいと存じま
す。今後とも引き続きご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、御礼の報告とさせて
いただきます。
松江しんじ湖ロータリークラブ
幹 事 中田 昭彦