activity report

2020.09.17

9月9日 江津RC

去る9月9日(水)例会に先立ち、菊池捷男ガバナー、近重吾郎地区幹事をお迎えし、会長・幹事懇談会を開催いたしました。この会には、次年度の会長・幹事も同席しロータリークラブとしての使命並びにロータリアンとしての心構え等についてご指導を受けました。
 はじめに、本年度クラブ運営について会長としての方針、最重点目標、重点目標を説明し、本年度会長としてのその想いをお伝えしました。
 出席者(会長・幹事・副会長・副幹事)より、それぞれのクラブ活動における疑問点や悩みなどの質問をし、菊池ガバナーより的確なご回答をいただきました。この懇談会は、今後のクラブ活動において有益なものとなりました

 例会の卓話では、ガバナーの自己紹介から始まり、今年度のRI会長の国際協議会での講演の内容について触れ、しっかり読んでおくようにとのご指導もありました。ガバナーからは、RIテーマの「ロータリーは機会の扉を開く」をより分かりやすくお話していただきました。地区スローガン「こころの扉を開こう」とするためには、まずは「together」、つまり仲間と「一堂に集まる」ことで仲間と一緒に自らも磨くことができる、ということだと教えていただきました。
ガバナーのロータリーに対する想いをお話いただき、会員一同有意義な時間を過ごさせていただきました。
 ありがとうございました。今後ともご指導をお願いいたします。
 以上、ご報告させて頂きます。

江津ロータリークラブ
2020-21年度 会長 佐々木啓之