activity report

2020.08.07

7月29日 米子東RC

2020年7月29日(水)、ANAクラウンプラザホテル米子において、地区ガバナー菊池捷男様と地区庶務幹事箱守英史様をお迎えしてガバナー公式訪問が開催されました。

例会に先立ち会長、幹事懇談会を当クラブからは西村正男会長、長棟信泰副会長、永島正道副幹事、山根文教クラブ広報理事と幹事の足立博俊が出席して対応いたしました。当クラブの概要と本年度の会長方針並びに各委員会の活動計画を特に、当クラブの特徴的な徳島県阿南南RCと韓国ソウル芸場RCとの友好交流、地区補助金プロジェクトを約10年間活用していること、米子松蔭高校インターアクトクラブの活動支援をしていること、各奉仕プロジェクトの活動内容等々についてご説明させていただきました。随時、菊池ガバナーからのご質問にお答えし、菊池ガバナーのお考えもお聞きできたことで大変有意義な懇談会となりました。

例会における菊池ガバナーのご講演では、「拝見したところみなさんお若いですね」という言葉から始まり、勢いのあるクラブであること、女性会員が多いことなどについて承認のお言葉をいただきました。
講演内容においては、RCの中核的価値観であるダイバーシティ(多様性)の大切さを強調され、ホルガ―・クナークRI会長の見識の高さ等のご紹介、「ロータリーの変化と進化そして、進化のための方策」、RI会長テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」の解説を分かりやすくご説明していただきました。そして、大切なことは「Together」(皆が集まること)であることをお話され、地区スローガン「こころの扉を開こう」で結んでいただきました。
続いて、地区庶務幹事箱守英史様より10月17日(土)、18日(日)に開催される地区大会のアピールをされてガバナー公式訪問が終了いたしました。
当初は、コロナ感染症のこともあり実現できるかどうか心配していましたが、ご訪問していただけたことに感謝を申し上げると共に、お聞きした内容を肝に銘じながら当クラブ運営に活かしていきたいと思います。大変ありがとうございました。

(幹事 足立博俊)