activity report

2020.08.07

7月31日 津山RC

7月31日(金)、国際ロータリー第2690地区2020-2021年度菊池ガバナー公式訪問例会が開催されました。新型コロナウィルスの世界的流行による混乱で多くの行事が中止や延期となるなど、地区の活動も予期せず停滞してしまう大変な状況の中で津山まで足を運んでいただきました。

地区スローガンについては、多様性を受け入れ誰とでも接しうる心を持ち、それが寛容の精神を育ててくれるという思いで「こころの扉を開こう」に決めたというお考えを語っていただきました。一方収束の気配を見せぬ新型コロナウィルスの猛威の中、クラブや会員との接点を持つことも難しい環境となっています。こうした状況下でも今年度地区大会開催への強い意欲を述べていただきました。万全の対策を取り、このコロナ禍の状況だからこそ絆を強め親睦を深める意義のある大会にしたいとの前向きなお考えをお聞きしました。当津山クラブも菊池ガバナーの熱い思いにこたえるべく全力でサポートし協力してまいりたいと思います。

(広報委員長 亀井 朗)