activity report

2020.07.17

7月13日 出雲中央RC

 7月13日(月)、菊池捷男地区ガバナー、末吉誠一地区代表幹事をお迎えして、地区内65クラブ最初のガバナー公式訪問例会を開催しました。
 午前11時から、朝山一玄会長、伊藤浩幹事、影山和夫副会長、荒木光治幹事出席のもと、会長幹事懇談会を行いました。まず当クラブから昨年度の地区運営の反省を申し上げたのに対し、菊池ガバナーから労いの言葉をいただきました。会長テーマの「足下を見つめよう~自覚と誇りを持って活動に励もう~」については、親睦を軸として会員が思いを一つにすることが基本であるとのご指導をいただきました。
 

例会のガバナースピーチでは、国際協議会出席の報告、RI会長テーマの説明、ロゴマークの意味の解説などを伺った後、皆が集まること「Together」の重要性と「多様性」を重んじることについてお話しいただきました。最後に地区スローガン「こころの扉を開こう」によって伝えたいことを伺って、この一年のロータリー活動への激励をいただきました。
 降りしきる雨の中、遠路お越しいただいてご指導ご助言を賜り、誠にありがとうございました。